診療案内

咬合治療

咬合治療とは

奥歯の虫歯や欠損、歯ぎしりやくいしばりなどにより、噛み合わせがずれてしまっている患者さんに対して、ずれた噛み合わせを本来の正常な位置に戻し、その位置で安定させる治療法です。 咬合再構成治療とも言います。

噛み合わせのずれの原因と経過

・奥歯の欠損や虫歯の放置
・重度の歯周病
・歯ぎしりやくいしばりによる歯のすりへり(摩耗)

・噛み合わせが低くなる
・下顎の位置が後退する

・老人様の顔貌
・顎関節症の発症

噛み合わせのずれは、下顎の位置を移動(偏位)させ、鼻下点から顎先までの長さがみじかくなる=老人様の顔貌、こめかみや顎に痛みが生じ、口が開きにくくなる=顎関節症を引き起こします。

噛み合わせのずれによる見た目の変化

(例1)奥歯の欠損などにより噛み合わせが ずれ、下顎の位置が移動(偏位)した症例

・噛み合わせが低くなり(青矢印)、下顎の位置が後ろにずれため前歯の噛み合わせが深く、下の前歯が上の前歯に覆われて見えません。
・歯を連ねた線が直線ではなく、曲線になっています(黄色線)

(例2)歯ぎしりやくいしばりによる歯のすりへりにより噛み合わせが低くなった症例

・上下の歯が歯ぎしりなどの原因ですりへってしまい、歯の長さが本来の1/2位になっています(緑矢印)

正常な噛み合わせと比較してみてください

咬合治療の順序

  • 診査・診断

    歯がすり減り噛み合わせが低下したのか、下顎の位置が前や後ろ、または左右方向にずれた(偏位)のか、その程度などを診査します。

  • スプリント(マウスピース)
    治療歯列矯正治療

    顎の筋肉をリラクゼーションさせ、ずれた下顎の本来あったであろう正しい位置を探します。

  • 仮歯、仮の入れ歯、プレートによる噛み合わせの修正

    仮のもので生活や食事をしていただき、下顎の正しい位置での安定をはかります。

  • かぶせ物、入れ歯、インプラントなどによる最終的な治療

咬合治療例2

前歯のかみ合わせが深く、正面から見ると、下の前歯が上の前歯に覆われて見えません。

スプリント治療

前歯のかみ合わせが深く、正面から見ると、下の前歯が上の前歯に覆われて見えません。

上顎前歯のプラスチックプレート下顎奥歯の メタルプレートによる経過観察

スプリントで求めた位置で仮のプレートを装着し、下顎の正しい位置での安定をはかります。

治療後

最終のかぶせ物を装着しました。下の前歯は見えるようになり、歯並びも綺麗になりました。

咬合治療例3

上下の歯が歯ぎしりやくいしばりが原因で、すりへってしまい、歯の長さが本来の1/2位になってしまっています。

上顎前歯の仮歯上下の奥歯のプレートによる経過観察

本来の上下の歯の長さや前歯の被さりの程度を元に、仮歯やメタルプレートを装着し、下顎の正しい位置での安定をはかります。

治療後

歯の長さも元通りになり、歯並びも綺麗になりました。

一般歯科

無痛治療

精神鎮静法

訪問歯科衛生指導

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

その他の診療

日之出歯科診療所の特徴的な治療

トップページ

お知らせ

医院紹介

日之出歯科診療所
Information MOVIE

診療案内

個人情報保護方針

スタッフ紹介

連携医療

オリジナル商品

友の会

交通アクセス

お問い合わせ

臨床研修医情報

日之出歯科真駒内診療所

医療法人仁友会

臨床研修医募集